このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください

美容鍼のトップブランド
次世代再生美容鍼
MKメソッド
コラーゲン誘発鍼と培養上清導入鍼のW効果!

多数鍼
コラーゲン
産生誘発
純度100%
培養上清
純度100%
培養上清
余白(20px)

次世代 : 医学的エビデンスが不明確な従来の美容鍼との差別化
再 生 : 再生医療の知識と手法に基づく医学的に正しい美容鍼

MKメソッドNews

2022年11月1日 YOJO SPA (東京都港区)感謝を込めて25周年キャンペーン
11月30日までMKメソッド通常55000円(税込)を38,500円にてご提供させていただきます。
2022年11月1日 あめの鍼灸院(広島県広島市)にて、次世代再生美容鍼 MKメソッドの施術の提供が開始されました。
https://peraichi.com/landing_pages/view/amenosinkyu/
2022年11月1日 HARICHE鍼灸院(広島県広島市)にて、次世代再生美容鍼 MKメソッドの施術の提供が開始されました。
https://www.hariche.net
2022年11月1日 鍼灸院 満月(広島県広島市)にて、次世代再生美容鍼 MKメソッドの施術の提供が開始されました。
https://mangetsu-shinkyu.com
2022年 9月1日 東京インターナショナル鍼灸院 麻布プレミア(東京都港区)にて、次世代再生美容鍼 MKメソッドの施術の提供が開始されました。
2022年 9月3日 ライフポート整体整骨院(兵庫県神戸市)にて、次世代再生美容鍼 MKメソッドの施術の提供が開始されました。
https://www.lifeport-seikotu.com/saiseibiyoushinkyu
2022年 9月1日 安養堂(島根県浜田市)にて、次世代再生美容鍼 MKメソッドの施術の提供が開始されました。
・Facebookページ
https://www.facebook.com/anyoudou
2022年11月1日 HARICHE鍼灸院(広島県広島市)にて、次世代再生美容鍼 MKメソッドの施術の提供が開始されました。
https://www.hariche.net
YOJO SPA(東京都港区)感謝を込めて25周年キャンペーン
9月30日までMKメソッド通常55000円(税込)を38,500円にてご提供させていただきます。

純度100パーセント宣言!

ヒト臍帯幹細胞培養上清液が、今、美容(エステティック、化粧品)の分野で高い注目を集めています。

ヒト臍帯幹細胞を培養する過程において生み出されるヒト臍帯幹細胞培養上清液には、様々な種類の生理活性物質が大量に含まれており、これらの物質が、老化などによって劣化した皮膚を再生することが知られるようになったことが理由です。

しかし、ヒト臍帯幹細胞培養上清液を標榜する美容液などの化粧品には、実際のヒト臍帯幹細胞培養上清液は、数パーセント程度しか含まれていない場合がほとんどであるというのが現実です。

また、皮膚の最外層である表皮には、強固なバリア機能が働いていることから、美容液などが表皮を通して皮膚に吸収されることはありません。 次世代再生美容鍼MKメソッドでは、鍼の施術によって表皮のバリア機能を一時的に破り、純度100パーセントのヒト臍帯幹細胞培養上清液の経皮吸収を促します。

次世代再生美容鍼MKメソッドが、最先端で最高峰のメソッドであり、美容鍼の最高級ブランドであることには理由があります。 私たちは、お客様方にのお肌に対して、冷凍保存された純度100パーセントのヒト臍帯幹細胞培養上清液だけを使用しています。

症例写真1

70歳女性
ほうれい線とマリオネットラインに対する施術
第1回目 施術前

経過写真

第1回目 施術後

第3回目 施術後

第6回目 施術後

第9回目 施術後

第12回目 施術後

第12回目 施術後

第1回目施術前と第12回目施術後の比較

第1回目施術前


第12回目施術後


第12回目施術後


開発者からのご挨拶

次世代再生美容鍼 MKメソッドとは、鍼による「皮膚の再生」です

「再生」とは、病気、怪我、老化などによって失われた体の組織、機能が元通りに戻ることです。一方、皮膚に多数の針を刺すことには、主に2つの美容上の大きなメリットがあります。

ひとつは、皮膚に多数の針を刺し、多数の刺創を作ることで、自己治癒力が働き、その刺創が修復される過程において、皮膚の中で「コラーゲン」(膠原繊維)の産生が誘発されるということです。そして、もうひとつは、針を用いて皮膚に数多くの刺創を作ることで、皮膚の「経皮吸収」が大幅に向上するということです。経皮吸収とは、物質が皮膚を透過して体内に吸収されることです。

次世代再生美容鍼MKメソッドは、「コラーゲンの誘発」と「経皮吸収の促進」という皮膚に刺針することの2大メリットに着眼し、コラーゲンの誘発を目的として顔面部に多数の刺針を行うコラーゲン誘発鍼(C.I.A. / Collagen Induction Acupuncture)の技法とヒト臍帯幹細胞培養上清液の経皮吸収を促す培養上清導入鍼(CSFDA / Culture Supernatant Fluid Delivery Acupuncture)を併用した新しい美容鍼のメソッドです。
次世代再生美容鍼MKメソッドは、医学的エビデンスに基づいて実践される最先端で最高峰の美容鍼の手法です。


鍼灸師
MKメソッド開発者
北川毅(きたがわ たけし)

次世代再生美容鍼MKメソッドとは?

次世代再生美容鍼 MKメソッドは、「コラーゲンの誘発」と「経皮吸収の促進」という皮膚に対する鍼の施術の2大メリットに着眼し、コラーゲンの誘発を目的として顔面部に多数の刺針を行う「コラーゲン誘発鍼」(C.I.A. / Collagen Induction Acupuncture)とヒト臍帯幹細胞培養上清液(SGF-OK)の経皮吸収を促す「培養上清導入鍼」(CSFDA / Culture Supernatant Fluid Delivery Acupuncture)を併用した新しい美容鍼のメソッドです。
次世代再生美容鍼MKメソッドは、最先端で最高峰の新しい美容鍼の手法であり、医学的エビデンスに基づいて実践されています。

次世代再生美容鍼MKメソッドの施術

コラーゲンの産生を誘発するコラーゲン誘発鍼

皮膚に針を刺すことによるコラーゲン誘発は、多種多様の生物学的物質が関与しながら極めて複雑な機序によって行われます。

針が皮膚の真皮層の深度に刺入されると、針によって真皮層が損傷され、「マイクロトラウマ」(micro trauma)と呼ばれる微小外傷と微小出血が生じます。このマイクロトラウマは、「創傷治癒反応」(wound healing response)と呼ばれる生体反応を引き起こし、創傷を修復するために、多種多様な細胞が損傷を受けた局所に遊走します。この過程において、古くなって配列が乱れてしまったコラーゲンが破壊され、新しいコラーゲンが産生されていきます。そして、数ヶ月後には、完全に新しいコラーゲンとエラスチンの「細胞外マトリックス」(extracellular matrix)が構築されます。

この新しいマトリックスは、しわ、傷痕、その他の美容上の問題を改善し、皮膚の構造を再構築して、薄くなってしまった皮膚に厚みを与えます。
そして、この創傷治癒の過程では、新しいコラーゲンの産生が誘発されるだけでなく、古いコラーゲンが破壊されるということです。
このようにして、皮膚に対する多数の刺針は、新しいコラーゲンとエラスチンによる細胞外マトリックスを形成させることで、皮膚の若返りに効果を発揮します。

再生美容鍼MKメソッドの特徴と利点は、刺創の数が多いほど効果は高くなるため、顔面部に対して多数の刺針を行うということです。

継続的な施術による皮膚の状態の変化(イメージ)

幹細胞と再生医療

幹細胞とは、体を作っている色々な細胞に変化することができる未分化の細胞のことで、どんな細胞にでもなることができる細胞です。

例えば、怪我をしても自然に治るのは、幹細胞が損傷した皮膚組織になることができるからです。
近年、注目を集めているES細胞やiPS細胞は、人工的に作られた多機能性幹細胞です。

幹細胞は加齢とともに減少し、例えば、骨髄や脂肪の中に存在する間葉性幹細胞と呼ばれる幹細胞は、新生児の時の量と比較して、18歳では約10分の1、50歳では約40分の1、80歳では約200分の1に減少してしまうとされています。
高齢者の怪我が治りにくいのもシワができるのも、幹細胞の減少が原因です。

医療における「再生」とは、老化、疾病、怪我などの要因により、機能不全や劣化が生じた生体組織を、組織工学技術等を駆使することで、自己治癒力を高め、再生、回復させることです。
そして、「再生医療」とは、幹細胞が持っている力を最大限に利用して、再生能力を増幅させる医療であり、従来は、加齢により減ってしまった幹細胞を補充する幹細胞補充療法が最も有力な手法でした。

ヒト幹細胞培養上清液を導入する培養上清導入鍼

再生医療の治療に使われる幹細胞は、皮下脂肪、臍帯血、歯髄、骨髄などから培養されます。
幹細胞が培養される過程では、培養液と呼ばれる液体ができます。この培養液の上澄みを「ヒト細胞培養上清液」と言いますが、長過ぎるため、こちらでは「培養上清」と呼ぶことにしましょう。

培養上清には、幹細胞から放出された様々な生理活性物質が大量に含まれているため、培養上清が皮膚に吸収された場合には、大量に含まれる生理活性物質が皮膚に存在する幹細胞や線維芽細胞を刺激し、老化によって劣化した皮膚を再生します。

このような実情から、この数年、美容(エステティック、化粧品など)の分野で、ヒト幹細胞培養上清液が高い注目を集めており、関連する製品が続々と発売されるようになりました。
しかし、実際には、ヒト幹細胞培養上清液は数パーセント程度しか含まれていない化粧品であったり、ヒト幹細胞培養上清液を標榜するには「まがい物」と言わざるを得ない製品がほとんどであるというのが現状です。

また、皮膚の最外層にある「角質層」と呼ばれるところには、非常に強固な「バリア機能」が備わっていて、水分や様々な物質が、外部から皮膚を透過して侵入するのを防いでいます。
そのため、培養上清を含め、いかなるスキンケア製品であっても、皮膚のバリア機能をくぐり抜けて、体内に吸収されることはあり得ません。
言い換えれば、美容液などの化粧品によるスキンケアには、皮膚のバリア機能に起因した絶対的な限界があるということです。

一方、非常に微細な鍼灸針(以下、針)を皮膚に刺入し、角質層に数多くの微細な穴を開けることで、物質が角質層のバリアを破って体内に侵入する経路が作られ、物質の経皮吸収率が、最大で10,000倍近くにまで大幅に向上することが、近年の科学的調査研究によって実証されています。

同時に、皮膚は、自己治癒力による「修復機能」を備えているため、針によって作られた微細な穴は、数時間という短時間で完全に修復され、皮膚のバリア機能も回復されて感染を防ぎます。

上記のように、培養上清には幹細胞から放出された様々な生理活性物質が大量に含まれているため、皮膚に多数の針を刺すことによって培養上清の経皮吸収を促進することで、大量に含まれる生理活性物質が皮膚に存在する幹細胞や線維芽細胞を刺激し、老化によって劣化した皮膚を再生します。
次世代再生美容鍼MKメソッドでは、より高い効果と安全性という観点から、純度100パーセントの培養上清のみを使用しています。

このような鍼による培養上清の経皮吸収の促進は、鍼灸師にしか行うことができない技法であり、コラーゲン産生の誘発と培養上清の経皮吸収の併用による次世代再生美容鍼 MKメソッドは、鍼灸師にしか行うことのできない最先端で最高峰のエイジングケアと言えるでしょう。

最先端で最高峰のエイジングケア

コラーゲン誘発鍼と培養上清導入鍼のW効果に
ご注目ください!

次世代再生美容鍼MKメソッドの手順

1.  洗顔またはクレンジング

MKメソッドでは皮膚の清潔を保つことが不可欠

MKメソッドの大きな目的のひとつは、培養上清の経皮吸収を促進することです。
そのため、施術の前提として、不要なものが経皮吸収されないよう、洗顔やクレンジングによって、施術部位の皮膚の清潔を確保することが不可欠となります。

VOICE

2. 顔面部局所に対する刺針

ご希望される部位に対する多数の集中的な刺針

お客様のご要望をお伺いして、ご希望された部位、気にされている部位に対して、集中的に鍼の施術を行います。
多数の針を刺すことにより、コラーゲンの産生を誘発し、培養上清の経皮吸収を促します。
ご希望の部位は片側3箇所(両側で6箇所)程度までご対応することができます。

3. 置針(針を置く)

針を刺したまま置針する

顔面部に刺した針はすぐに抜かずに、15分〜20分程度、皮下に刺したまま置いておきます。

VOICE

4. 抜針(針を抜く)

置針した針を抜きます。

15分〜20分程度の置針後に迅速に針を抜いていきます。

VOICE

5. ヒト幹細胞培養上清液の塗布

ヒト幹細培養上清液を塗布します。

抜針の直後で針による刺創がまだ新鮮なうちに、抜針した部位に、ハケを使用して迅速にヒト幹細胞培養上清液を塗布します。

VOICE

6. バイオセルロースマスク

施術後の肌を鎮静化させ、乾燥を防ぎます。

施術後の肌を鎮静化させ、ヒト幹細胞培養上清液の乾燥を防ぐ目的で、MKメソッドの仕上げにバイオセルロースマスクを敷きます。

7. プレスローラー

バイオセルロースマスクを皮膚に密着させます。

お客様のご要望をお伺いして、ご希望された部位、気にされている部位に対して、集中的に鍼の施術を行います。
多数の針を刺すことにより、コラーゲンの産生を誘発し、培養上清の経皮吸収を促します。
ご希望の部位は片側3箇所(両側で6箇所)程度までご対応することができます。

2. 顔面部局所に対する刺針

ご希望される部位に対する多数の集中的な刺針

お客様のご要望をお伺いして、ご希望された部位、気にされている部位に対して、集中的に鍼の施術を行います。
多数の針を刺すことにより、コラーゲンの産生を誘発し、培養上清の経皮吸収を促します。
ご希望の部位は片側3箇所(両側で6箇所)程度までご対応することができます。

次世代再生美容鍼MKメソッドの特徴と利点

この20年ほどの期間に、主として、西洋諸国における学術的調査研究によって、皮膚に針を刺すことによる美容効果の作用機序が、次々と明らかにされてきました。
皮膚に針を刺すことでしか享受することができない恩恵は、実は、美容業界の関係者たちが、ずっと追い求めてきた究極で永遠のテーマであったという驚くべき事実が、明らかにされてきたのです。



・多数鍼によるコラーゲン産生誘発

皮膚に針を刺すことには、2つの大きなメリットがあることが、近年の調査研究によって明らかにされています。

ひとつは、皮膚に多数の針を刺し、多数の刺創を作ることで、自己治癒力により、その刺創が修復される過程において、皮膚の中で「コラーゲン」(膠原繊維)の産生が誘発されるということです。

皮膚の弾力を維持しているコラーゲンを、皮膚の中で増やすことは、美容業界が長い間追い求めてきた究極の課題のひとつでした。
そして、これらの課題を達成することを目指して、多種多様な化粧品、サプリメント、美容機器などが開発されてきました。
ところが、この課題は、「皮膚に針を刺す」というだけの極めて単純で原始的な方法によって、いとも容易に実現できるということが、科学的、医学的調査研究によって明らかにされてきました。
言い換えれば、美容鍼は、最先端で、最高峰のスキンケアの方法であるということが実証されているのです。

真皮(イメージ)

・多数鍼による経皮吸収の促進

もうひとつの大きなメリットは、皮膚に多数の針を刺し、多数の刺創を作ることで、皮膚の「経皮吸収」が劇的に向上するということです。

上記のように、皮膚は、その強固な構造によるバリア機能によって、外部の様々な刺激から体を保護する役割を果たしています。
そのため、水分や化学物質などは、いずれも容易に皮膚を透過して体内に吸収されることはありません。
ところが、針を使用して皮膚に多数の細かい刺傷を作ることで、皮膚の経皮吸収が大幅に向上することが、科学的な調査研究で明らかにされています。
つまり、ヒト幹細胞培養上清液を、比較的に容易な方法で合理的に皮膚に吸収させることができるのは、鍼の施術以外にはないということです。

そして、このように、コラーゲン誘発鍼と培養上清導入鍼の併用による時差代再生美容鍼MKメソッドは、鍼灸師にしか行うことのできない特別な美容鍼の手法であると言えるでしょう。

コラーゲン誘発鍼と培養上清導入鍼のW効果

顔面部局所への多数鍼
より効果的なコラーゲン産生誘発を実現するために、また、より効果的にヒト幹細胞培養上清の経皮吸収を促すことを目的として、顔面部の局所、特にお客様のご希望の部位に対して多数の集中的な鍼の施術を行います。
コラーゲン産生誘発
鍼の施術によって引き起こされる創傷治癒の過程では、新しいコラーゲンの産生が誘発されるだけでなく、古いコラーゲンが破壊されます。
皮膚に対する多数の刺針は、新しいコラーゲンとエラスチンの産生を誘発し、皮膚の若返りに効果を発揮します。
純度100%培養上清
美容業界では、様々な上清関連商品が続々と発売されています。しかし、より高い効果と安全性という観点から、次世代再生美容鍼MKメソッドでは、純度100%のヒト幹細胞培養上清液以外は、絶対に施術に使用しないことを大原則としています。
純度100%培養上清
美容業界では、様々な上清関連商品が続々と発売されています。しかし、より高い効果と安全性という観点から、次世代再生美容鍼MKメソッドでは、純度100%のヒト幹細胞培養上清液以外は、絶対に施術に使用しないことを大原則としています。
Contact

お問い合わせ

MKメソッドについて何かご質問がございましたら、下記のお問い合わせフォームにご記入いただきご送信ください。
メールにてご対応させていただきます。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。